医学部への進学は医学系の予備校が有利

5月 7th, 2014

医者になるためには大学の医学部へ進学して勉強しなければなりません。
しかし医学部の学費は他の理工系や文系の学部に比べて、とても高いのが実情です。
しかも他の一般学部は4年で卒業ですが、医学部は6年間在学しなければなりません。
卒業するまでには少なくても3千万、普通は5千万かかるといわれているのです。
学費以外にも施設費や寄付金などが必要となるので、サラリーマンの一般家庭の子供が医者になる場合は、国立大学を目指すことになります。
私立に比べて国立大学の医学部は、他の一般学部と同じ程度の学費で済みます。
そのため国立大学を目指す受験生が非常に多く、倍率は何十倍にもなります。
そのような受験状況を勝ち抜くためには、予備校へ通って受験勉強をする必要があります。
予備校にも全国展開の大きなところから、地域密着型の小さなところまで色々ありますが、おすすめなのは医学部に特化した予備校です。
医学系にかかわらず、国立大学をめざすなら予備校へ通って勉強するのは必須です。
一般の予備校は文系から理系まで進路によってカリキュラムを選択できるようになっていますが、医学系に特化した予備校では医学系大学の過去の出題傾向を中心にカリキュラムが組まれているので、合格しやすいのです。
また医者になるという明確な目的を持った生徒達が集まるので、お互いに切磋琢磨して頑張ることができるというメリットがあります。
国立大学は各県にかならず設置されているので、地方の方でも進学できるという良さがあります。
また私立を受ける方でも、医学系は競争率が高いので、国立をめざす意識で予備校へ通えば、合格への道は開けます。

医学部進学を目指すなら専門の予備校で

5月 7th, 2014

医学部進学を目指しているのなら医学部に特化した予備校がおすすめです。
メリットとして、特化しているからこその詳細なデータとノウハウがあります。
大手予備校のデータは大量ですが、文系や理系の学部情報のデータも入ってきます。
したがって、医学部に絞ったデータにより精度の高い大学別の傾向と対策が行われています。
さらに、私立大学に特化した指導を行っている専門予備校も多いので、私立の医学部を目指している学生には効率の良い学習で合格を期待できます。
専門予備校は、医学部に特化しているためその分生徒数も少なくなります。
なので、講師との距離が近く親身な指導が受けられます。
予備校では10人以下の少人数制を採用している学校が多く、学生一人ひとりに指導が行き渡るようになっています。
授業中でも分からない点を質問することができ、授業後も講師陣にすぐに質問することが可能です。
さらに、講師陣も生徒の理解度を見極めながら授業を行っているので、その場に応じた講義を臨機応変に実施してくれます。
講師との距離が近い分、学生一人ひとりの苦手分野を把握しており、勉強方法や対策などを指導してくれます。
もちろん、悩み事や相談にも応じてくれるのでモチベーションを高く維持しながら受験を乗り越え、無事進学することができます。
また、学校を挙げて教職員およびスタッフが生徒の学習管理を行っています。
毎日の出欠の確認だけでなく、学習進捗度の把握から成績管理まで全て学校側が行い、各生徒に合ったオリジナルの対策を提供してくれます。
長い受験勉強を通して出てくる不安やストレスなどにも親身になって相談に乗ってくれ励ましてくれるのでとても心強いです。